鷹番住区住民会議 施設管理運営部会











 鷹番住区住民会議は、目黒区の指定管理者として、鷹番住区センターの管理・運営を行い、具体的には主に施設管理運営部会が担っています。

 中央地区サービス事務所、いこいの家職員、清掃担当者、そして住区センター従事者(運営員、管理員11人)が一緒になって、設備・施設を良好に維持し、会議室を気持ちよくご利用いただけるよう努めています。そのために、日常的に設備・施設の点検を行い、施設での事故等の未然防止を目指して以下のことを実施しています。

 ①利用者懇談会を開催し、利用者のみなさんと意見交換をし、②防火訓練、③AED講習会、④施設・設備を適切に把握し、お客さまに提供するための研修、⑤年末の大掃除等。

 お客さま対応は、休館日(月曜日)以外は、朝8時40分から夜10時まで行っています。「施設予約システム」による会議室の貸出、金銭の授受、車椅子の貸出等を行っています。

 これらを円滑に行うため、定期的に施設管理運営部会を開催するとともに、従事者も含めたミーティングを開催しています。

 「キレイだね」「気持ちよく利用させてもらったよ」というお客さまの声に励まされ、部会員と従事者が一体となって、日々の業務に取組んでいます。
(部会長 髙林宏)